Voice 01

DSC01942.jpg

研修や日々の仕事を通して人の役に立てる喜び生きている尊さを実感

管理部 熊谷 春花

私は正直、介護業界については何も知らなかったし、大学もまったく関係のない学部でした。人と接する仕事がしたいと漠然と思っていたときに、当社の企業説明会に参加。それまで触れたことのない幅広い業種に取り組んでいる点に興味を持ちました。また、先輩たちがとてもイキイキしていて、この会社が大好きなんだろうなぁと感じました。その活気ある雰囲気がすごく魅力的でした。

入社後、半年ほど介護の現場実習がありました。始まる前は何をしたらいいんだろうとかなり緊張したのですが、配属された施設で先輩社員の方がわかりやすく指導してくれました。また、利用者様と触れ合う毎日はとても楽しかったです。歩けることや手が動くこと、生きているということ、それは決して当たり前ではないとわかり、人生観が大きく変わりました。介護の仕事がどれほど尊い仕事なのかを感じられる貴重な時間でした。

DSC02115.jpg
DSC01927.jpg

介護実習や仕事を通して、自分が人の役に立てる喜びを実感しました。今は、日本の介護をグローバルスタンダードにするため、ミャンマーと共に進めている合弁事業を、より世界へ推進し架け橋となれるよう、通訳や現地での交渉などを行っています。
現在ミャンマー国では医師・看護師をはじめとする医療従事者の数が著しく不足しており、ケアギバーと呼ばれる医療補助人材の育成が今後の医療発展のカギになります。このような課題に対して会社として取り組んでいます。  私は「海外事業に携わりたい」と入社当時から想っていました。若手社員にも挑戦できる機会を与えてくれる環境がこの会社にはあります。当社はいい意味で新入社員扱いされず、挑戦させてもらえる環境なので、必ず自分の役割を見つけられますよ。